やしお

ふつうの会社員の日記です。

「ドン」がネットワークのくびれで機能する

 森喜朗元首相の女性蔑視の価値観・言動が問題視され、五輪組織委の会長辞任のニュースが流れている時に、たまたま森功『同和と銀行』を読んでいた。森喜朗はこれに近いと考えると分かりやすいのかもしれない、とふと思った。


 20年前に数々の舌禍で内閣支持率7%で退陣したのに、再び公的な要職に就けるのは何なんだろう。再びその言動が批判されても、理事会からは退任させられることもなく、「余人をもって代えがたい」と擁護される。
 普通に考えれば「余人」は絶対にいる。もっと若くて能力が高く、価値観や言動もふさわしい人物は確実に存在する。本人の意思による辞任ではなく、理事会が解任することで「この組織の価値観ではない」と示した方が良いだろうと思える。しかし周囲は森喜朗を高く評価して固執しているように見える。そのズレがどうして生じるのか、と不思議な気持ちになっていた。
 「調整力」「影響力」「人脈」などが評価されるのだとして、それは具体的にはどういうものなのか、と疑問だった。


 『同和と銀行』は元暴力団員で同和団体のボス・小西邦彦について描いている。小西は関西地域で反社勢力、行政機関、金融機関、不動産業、土建業、捜査当局、税務当局などの間で大きな影響力を有した。(三和銀行(現三菱UFJ銀行)で小西とのパイプ役を勤めた岡野義市へのインタビューを基に描かれている。)
 単純に暴力を背景にして行政や金融機関を喰いものにしてきたという話ではなく、本人のキャラクターや周囲の利害関係によって、あるポジションにすぽっと収まると、利害調整の要として機能していく、というような光景になっていた。


 以下は、小西邦彦の具体的な影響力の内容を整理して、そこから「ドン」のあり方をもう少し一般化しつつ、森喜朗を当てはめて眺めてみる、という営み。



同和団体支部長になる経緯

 小西は、大阪の被差別部落で1933年に生まれ、闇市で喧嘩に明け暮れて少年院や刑務所を行き来するうち暴力団員になる。その後部落解放同盟支部長となり、最後は「飛鳥会事件」で2006年に逮捕され地裁で懲役6年の実刑判決を受け、控訴審の最中の2007年に病没する。


 小西が解放同盟の飛鳥支部長に就任したのは、社会党衆院議員で解放同盟の大阪府連委員長、中央本部執行委員長を歴任した上田卓三の要請だったとされる。当時、社会党系の解放同盟は、共産党系の全解連と対立しており、その共産党対策だったという。戦闘服を着た強面の組織「部落解放同盟行動隊」を結成して、隊長に西成支部長(元暴力団組員)、副隊長に飛鳥支部長の小西を据えた。


銀行

 もともと三和銀行(現三菱UFJ銀行)とは、単に個人の預金口座を持っていただけの関係だった。ある時、窓口の職員が同和地区の地域住民の職業を確認した(当時タブーだった)ことがトラブルになり、小西が激怒したことがきっかけで関係が始まったという。


 三和銀行は小西へ様々な便宜を図っている。

  • 三菱東京UFJ銀行三和銀行時代から20年間、淡路支店の課長を小西の事務所に常駐させ、そこで勤務させていた。職員の給与明細の作成から資金管理、電話番までこなし、融資の申込書なども本人に代わって銀行が書いていた。
  • 淡路支店の地下金庫には小西の印鑑や通帳も管理されていた。小西個人の口座だけでなく、知人の口座も小西名義で保管されるなど複雑で数も多い。出勤すると10冊程度の通帳の出入金記録を頭に入れてから小西の事務所に向かう。
  • (課長常駐以前は)小西は支店に電話で、「ワシやけどな」「シモちゃんに1000万、しといて」などと一方的に要件を伝えて切る。電話を受けた行員が小西担当の課長に取り次ぎ、意味を解読する(聞き返すのは御法度)。この場合は「地元の下村建設に1000万円を振り込む」の意味。
  • 小西が貸出し明細書に赤字で引き下げた金利を書き加える。その紙を銀行の本部審査に回してもノーチェックで通る。
  • 85年、いきなり支店に現れた小西が「今日の午後3時までに20億振り込んでくれや」と告げる。三和銀行は通常10日かかる常務決裁を当日中に済ませて融資している。(イトマン事件など経済事件に関与した許永中の会社の資金繰りに遣われたという。)


 銀行が一方的に小西へ便宜を図っていたわけではなく、銀行も小西を活用している。

  • もともと大阪府には大和銀行が入り込んでいた。府立柴島高校(75年に開校)の設立にあたって三和銀行が府への口利きを小西に頼んだことで、三和は府の公金を扱えるようになり大きなリターンを得た。
  • 銀行は小西を窓口として、反社勢力への転貸し・迂回融資をしている。また小西を経由しない暴力団からの直接取引の持ちかけを、小西を間に挟むことで阻止し、防波堤として利用していた。
  • JR東西線(京橋-尼崎駅間の地下路線、97年開業)の用地買収問題で三和銀行大阪府警の捜査を受けた際は、小西の持つ警察へのパイプを使い、捜査情報を得ていた。

 

土建業・不動産業・行政

 69年に同特法(同和対策事業特別措置法)が成立、02年まで法改正・改称しながら存続し、同和対策事業には総額15兆円が投入される。
 同特法により公共事業が急増したことで、同和関係者が次々に建設会社を立ち上げ、業界団体ができる。大阪では同建協(大阪府同和建設協会)を通さないと入札に参加できない。小西は同建協を仕切った。


 大阪をはじめ関西圏のトラブルを抱えた不動産開発案件が小西のもとへ持ち込まれるようになる。

  • 70年代前半の大阪駅前開発では、土地の権利関係が複雑で開発が進まず、困った大阪市が小西を頼り、小西が地上げで市に協力したことで市との関係ができる。大阪駅前第1〜4ビルがこれ。
  • 83年、ミナミの一等地(権利関係が複雑で立退き・再開発が困難)を10億円で地上げに成功、イトマンが40億円で購入、30億円近くが無税で売却益になる。現在のナンバヒップス。
  • 83年、西梅田で地元のプロパンガス業者がビルの建替えを計画するが、高速道路の整備計画とバッティングする。業者のバックに山口組系の元武闘派組長がついており、困った大阪市の課長が小西に相談。5年ほど揉めた後、小西と元組長が和解して決着。高速道路がビルに貫通しているゲートタワービルができる。

 

 75年前後にキタ新地の一等地に「あすか」というサウナ屋を開く。同和関係者、府や市の幹部、土建業者、警察幹部が集まり、社交場として機能する。建設業者の談合担当者同士の相談の場にもなったという。


税務当局

 68年に大阪国税局と解放同盟傘下の大企連(大阪府企業連合会)の間で「七項目の確認事項」が非公式に結ばれる。同和対策には控除が必要だが特措法ができるまでの処置として、大企連が窓口になった場合は青色・白色問わず自己申告は全面的に受け入れる、同和事業は課税対象にしない、などの優遇措置が確認されている。
 小西は大企連を取り仕切っており、小西がOKしないと大企連のメンバーには入れないようになっていた。


 確定申告の時期になると、大阪国税局の職員チームが解放会館を訪れ、大企連の加入企業の申告書類を書いてくれて、格段に税金が少ないまたは無税で済む。大企連への加入は、単に業界団体に入るだけでなく、税金対策というメリットも得られる。


 小西の口座は預金利息が最初から非課税になっていた。本来は犯罪だが税務当局が黙認していたのもこうした理由から。
 84年に三和銀行の淡路支店に大阪国税局のマルサの査察が入った際、行員は誰もその場を動けないが、小西の担当課長が「小西のところへ行かないといけない」と告げると、査察官は当初許さなかったが、その後上に確認すると態度を一転させ快く送り出してくれたという。
 3年に1度の大蔵省による銀行の検査でも、小西への融資は「要注意先債権」には分類されなかった。


政治家

 自民党衆院議員で蔵相・外相などを歴任した渡辺美智雄と親しく、新地で飲み歩く仲だった。
 小西の側近が渡辺美智雄の秘書になろうとするが、空きがなかったため、渡辺の元秘書で大蔵省出身の衆院議員東力の秘書になる。東の大蔵省の後輩で当時大阪国税局の調査部長の村田吉隆を引き合わせる。
 ある宴席で村田は小西に「飛鳥会に関する脱税の告発がよく来ているが、処理している」と語っていたという。小西も村田を「先生」と呼んで立てていた。こうしたラインでも税務当局への影響力を有していた。
 この小西の側近は、同和団体職員、建設会社(同建協の有力企業)オーナー、衆院議員秘書の3役をこなしていた。
 村田はその後、自民党衆院議員になり、小泉内閣国家公安委員長・防災担当大臣に就任している。村田の大阪での事務所は「飛鳥会事件」の前まで、この小西の側近の建設会社と同じビルに入っており社員は行き来して一体感があったという。またこの建設会社のグループ企業の社員が一時期村田の秘書を務めていた。


警察

 飛鳥地区を所管する警察署に幹部が着任すると、前任者・後任者などを呼んで小西がパーティーを開く。2次会でソファーに腰を下ろすか下ろさないかくらいのタイミングで小西が前任者のポケットに「封筒」をねじ込むという。
 また小西は、定年を迎える警部補クラスの再就職の斡旋をしていた。
 大阪府警の有力な暴力団担当刑事と飲仲間になり、刑事はその後警察署長になる。そこから警察の捜査情報を仕入れて、銀行などへ流していた。


検察

 元検察の顧問弁護士を通して、検察の情報は得ていたが、それほど大きなパイプではなかったよう。
 木津信用組合の事件で三和銀行へも捜査のメスが入りそうになった際は、中岡信栄のルートを使う。三和銀行が自分で融資できない案件を木津信に紹介していたが、木津信の融資債権の8割が不良資産だと判明し、取付騒ぎに発展、整理回収銀行に営業を譲渡し木津信は消滅、木津信の理事長は特別背任容疑で大阪地検特捜部に逮捕される。
 中岡は焼き鳥チェーン「五えんや」のオーナーで検察のタニマチであり、現役を含めて検察へのパイプは小西より太かったという。小西が中岡の事務所を訪ねると、事前に話がついていたので「支部長に言われたら、しゃあないな」と、すぐに電話をかけて「木津信の件でっけど、よろしゅうに頼みますわ」と言って、後は普通の世間話に戻ったという。(結局、三和銀行は捜査を受けずに済んだのかどうかは本書で明言されていないが。)


小西の人柄

 小西邦彦の人柄などその他のエピソード。

  • 解放運動・地域の生活改善には熱心に取り組み、地域住民から慕われていた。
  • 気に入った相手はとことん面倒を見る。
  • 稼いだ金をかなり老人ホーム運営につぎ込んだ。慰安旅行にも同行して盛り上げ役を買って出ていた。
  • 「老人と子供相手の金儲けはするな」とよく言っていた。
  • 「利用価値があるうちはいくらでも俺を利用しろ」と周囲によく言っていた。
  • 凝り性で神経質な面もあった。
  • 芸能人のタニマチ的な存在でもあった。知り合った相手のコンサートチケットは最低500万円分は買う。笑福亭仁鶴勝新太郎五木ひろしなどと親交があり、西城秀樹の結婚式でも主賓挨拶をしている。

 

ドンの資質

 小西邦彦自身は、積極的に何かを企画しているというより、ただ媒介しているというのに近い。金融取引でも不動産売買でも、自らスキームを構築して金を稼いでいるというより、外から持ち込まれた企画を適切に取り次ぐことで中間マージンを得ている。
 「間に入ってくれる」存在があると、「コストがかかる」という欠点と引き替えに、「面倒くさいことを考えなくて済む」という利点が得られる。出版社と書店の間に取次があるのと似ているかもしれない。取次があることで、出版社は流通や売掛金回収のことを考えずに済むし、書店は在庫を直接抱えるリスクから解放される。その代わり中間マージンがかかる。
 インターフェースとしてそこに案件とお金をぽんと投げ込めば、そこから先はブラックボックスになっていて何がどう行われたのかはよくわからないけど、しばらくするとぽんと望んだ結果が返ってくる。便利だ。


 また小西は、気に入った相手、庇護しようとした相手への世話や手間は惜しまない。周囲の要職に配置する。そうした相手が困難に陥れば、自分から積極的に情報を取りに行って、相手へ提供する。「親分肌」とも言える。


 元文科省次官 前川喜平がインタビューで語っている森喜朗の特徴ともよく似ている。

森さんという人は、面倒見がいいのです。陳情されたことを実現してあげるし、要職にも就けてあげるのですから。そういう「親分―子分」の関係を文教行政の中に張り巡らし、森さんがひとこと言えばみんな黙っちゃう、という体制を作り上げていました。

  #五輪をどうする:失言恐れ「メモ嫌がる」「話は長い」 近くで見た森喜朗氏 | 毎日新聞


 あるいは組織委会長の後任に橋本聖子五輪相が就任した経緯でも、こうした森喜朗の「親分−子分関係」の一例を示すような報道が出ている。

 前日17日午前中の段階でも「五輪相の職を全うしたい」としていた橋本氏だが、同日夜までに軟化。最後の最後で口説き落としたのは“大混乱の震源地”である森氏だった。組織委関係者によると、森氏が「後任を務めることができるのは君しかいないんだ」などと熱い口調で説得。その際、将来の閣僚ポストが提示されたという。

 ポスト欲しさの受諾ではなく“父娘の絆”が決意させたものだった。橋本氏が参院選で初当選し政界入りした1995年当時の自民党幹事長は森氏。橋本氏が「森氏に導かれて政界入りした」と公言するだけあって、互いに「父なんです」「娘と思っている」と言う強い父娘関係で結ばれていた。

 一昨年9月に五輪相として初入閣を果たした背景の一つが“森推し”。五輪開催都市の東京都はこれまでトップ交代劇が相次ぎ、現在の小池百合子知事も国際オリンピック委員会IOC)のバッハ会長との信頼関係構築には至っていない。そうした中、政府内の五輪担当トップとして同会長らとの調整を進めるなど重責を果たすことができたのも森氏に与えられたポジションがあればこそ。こうした恩義も受諾の側面としてありそうだ。

  「橋本新会長」誕生後押し、森氏から“閣僚手形” 自民最大「細田派」名門「清和会」ゆえの復帰約束― スポニチ Sponichi Annex スポーツ


 作家の佐藤勝は、外交官時代に日本・ロシアの政治家・官僚と幅広く付き合いを持ったが、自著の中でもたびたび森喜朗の外交面での功績を高く評価している。ネット上で見られる記事でも同様に森について語っている。

【佐藤】森喜朗というとサメの脳みそ、ノミの心臓というイメージで語られますが、実際は非常に精緻な思考をする人で常に温厚、そしてとてもよく勉強している。会談でも条約文や事実関係の日付、統計上の数字、固有名詞のカードを作る。基本的にはアドリブですが、大事な部分はカードで確認するから絶対に間違えない。

実はプーチンもこのスタイルとまったく同じなんです。我々外交官にとっては、森さんのやり方がベストでした。事実、森内閣では様々な交渉が動いた。

  森首相の外交が"ベスト"だった具体的理由 発言は過激だが、事実は間違えない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)


 必要なデータを正確にインプットして間違えないというのは、取次の役目を果たすのに最低限必要な要件になっている。
 外交官にとっても、状況や要望をきちんとインプットすれば、カウンターパートと話をつけて要望通りの結果をアウトプットしてくれる首相は「いい首相」になるだろう。なお森は首相を退いた後も、小泉・安倍・福田政権下でも外交活動を担っている。
 ここでは「勉強熱心」「温厚」といった森の人物評があるが、その他の直接森と接点のあった人物からも、偉ぶらない、骨身を惜しまない、といった評価は共通して聞かれる。


面倒見のよさ

 「間に入る」特質と、「親分肌である」特質は、どちらも「面倒見がいい」に集約されるのかもしれない。単に誰かを紹介するだけではなく、また単にアドバイスを与えるだけでもなく、自分自身が動いて相手の便宜を図り、相手の利益を守る。
 この「面倒見のよさ」は、一般にイメージされる「優秀さ」「聡明さ」とは全く異なるため、外側から見れば何が優れているのか分かりにくい。「もっと優秀な人材はいるはずだ」と思えてしまう。


 「面倒見のいい人」は別に珍しくない。もちろん小西邦彦や森喜朗が図抜けて面倒見のいい人間だった、だから広い影響力のある「ドン」になり得た、と考えることもできる。しかしむしろ、面倒見のいい人は世の中にたくさんいる、そうした人がたまたまあるポジションにすぽっと収まると、「面倒見のよさ」が連鎖的に発揮される機序が働いて「ドン」になっていく、と考えた方がより自然ではないか。個人の資質に一切を帰着させて理解を停止させるより、システムの働き方の結果として見た方が楽しいし、無理がないのではないかと考える。(偏差値80の人間が偶然そこにいた、というより、偏差値60の人でも条件が整うとそうなる、という話の方が蓋然性が高そう、みたいな。)


 面倒見のいい人が持つインターフェイスとしての利便性が評価されると、それをさらに別の集団も利用したいと考える。別の集団からも依頼を受けて応えていくうちに、いくつものネットワークのインターフェースを一人で受け持つような、複数のネットワークを接続する結節点(ハブ)になっていく。
 「親分肌である」は、「自分を飛び越えて勝手に繋がることは許可しない」ということで、それは本人が「ドン」としてのアイデンティティや中間マージンを守るために許さない、という側面だけでなく、同時にドンの利用者である周囲も許さないということかもしれない。ドンを省いて勝手に繋がれば、その者(集団)は中間マージンの節約が可能で得をするし、相対的に従来のドンの利用者は損をする。それを許さないように周囲も働く。
 誰か一人が「この人はふさわしくない」とドンを排除しようとしても、そして(場合によっては本人を含めた)全員が「確かにふさわしくない」と考えても、一旦ドン化してそのハブの位置に収まってしまうと、排除は困難になる。そうしたネットワーク総体としての反発が予想されるから、ドン個人が優しくて温厚だったとしても、ドンを排除する側に回る人間は、とても恐ろしく感じる。


 グラフ理論/ネットワーク分析だと、「ドンは媒介中心性が高くなっていく」し、「ドンの媒介中心性を高く保つように働く」というイメージかもしれない。「媒介中心性」は、「グラフ上の2ノード間の最短経路のうち対象ノードが含まれる割合を、全ての最短経路について計算して合計したもの」で、この値が高いノードほど「そのグラフ(ネットワーク)の中でハブとして機能している度合い」が高いという指標になっている。
  Betweenness centrality - Wikipedia
※日本語版のウィキペディア記事がなかった。


利権との近接性

 「ドン」化が始まるには、単に「面倒見がいい」という個人の資質だけでは足りず、「大きな利権に近接している」というきっかけが必要になる。面倒見のよさによってインターフェースの利便性が発揮できても、「それをみんなで寄ってたかって利用するか」はそこで得られる利益の規模や魅力による。
 利益があっても利便性が悪ければ別の窓口が利用されるし、利便性があっても利益がなければそもそも利用されない。その両者が必要になる。


 小西邦彦の場合、同和団体支部長だったことは恐らく「たまたま」だった。「被差別部落の出身者」と「武闘派の暴力団員」という2つの属性を持っていたことが、「共産党に対抗するため武闘派の同和団体支部長が必要だった」という一時的に発生した条件に合致したことで、支部長の地位に就いている。しかし同特法の成立とバブル経済によって、巨大な利権が小西に近接して発生した。
 森喜朗の場合、国政の政治家・与党議員でありパイを分配する立場にいた、ということがそれに該当するのかもしれない。(ちなみに政治家になり得たのは、森家が江戸時代から続く豪農で、祖父は戦前に根上村長を務め、父も戦後に根上町長を35年以上も務めていたことが地盤となり、自民党の公認を得られず当初は泡沫候補と見られながらも当選を果たした、といった状況があり、全てが当人の能力や意思に基づくものではない。)
 二人とも「大きな利権に近接している」条件を満たしたとして、小西に比べると森の方がより自発的に接近したとは言えるかもしれない。


余人をもって代えがたい

 一旦「ドン」化すると、肩書そのものはあまり関係なくなっていくのかもしれない。「同和団体支部長」や「与党の代議士」はドン化のきっかけや大義名分として必要ではあっても、ドンになればむしろ「この人がハブである」事実の方が重要になる。小西邦彦は同建協や大企連を仕切っていたとされるが、会長/理事長には直接就いていないし、森喜朗も首相を辞任し衆院議員を引退した後も影響力を保持していた。


 自民党参院幹事長 世耕弘成が2/5の記者会見で下記のように森喜朗を擁護した。

森氏について「余人をもって代えがたい。IOC(国際オリンピック委員会)との人脈、五輪に関する知見などを考えたら、この(開催)直前のタイミングで、森氏以外に誰か五輪開催を推進できる方はいるのだろうか」と述べ、会長職を続投するよう求めた。

  自民・世耕氏「余人をもって代えがたい」 森氏発言めぐり - 産経ニュース


 この「余人をもって代えがたい」は、一般的には「組織委の会長職として必要な人格・価値観・能力を持つ人間が他には存在しない」と解釈されるので、「そんなわけがないだろう」(女性蔑視の価値観を持ち、ふさわしさからかけ離れた人物だけがふさわしいと言うのは何なんだ)というツッコミを当然受けることになる。
 しかし発言者の感覚としては、「現状でドンの位置を占める人間が他にはいないため、余人をもって代えがたい」といった意味で発言しているのではないか。ドン(ハブ)を交換すれば良いかというと、ドンは「ドンになっていく過程」を経過(転化)することでしかドンにはなり得ないため、「代替が現状で存在しない」という感覚になる。ドンが森喜朗という人物である必然性も必要性もないが、「ドンという位置に一旦はまって機能している人物」が現状で森喜朗なので、森喜朗が必要になる、という感覚。


 こうした「無根拠に存在しているが、存在していることで媒介として機能する」という存在は、貨幣にも似ている。
 岩井克人は『貨幣論』の中で、「貨幣が流通するのは、貨幣として流通しているから」という循環論法によってのみ貨幣の存在が支えられる(外部的な実体のある根拠を必要とせずに貨幣が成立する)構造を確認している。
 その上で、貨幣の起源に関して、古来から存在し対立する2つの学説を紹介する。

  • 貨幣商品説:「それ自体に価値がある商品」が貨幣になる。人々の交換活動の中で、自然発生的に一般的な交換手段へ転化した。
  • 貨幣法制説:貨幣自体に商品としての価値はなく、共同体の申し合わせ・勅令・律法などにより一般的な交換手段になった。

 しかしこのどちらも、貨幣に実体的な根拠を求める点では同じだとして退ける。(前者は商品所有者の欲望を根拠に求め、後者は交換過程の外部の人為的な権威で根拠づける。)循環論法により支えられる構造からすれば、実体的な根拠を措定する形で起源を考えることはできない。ある商品がみんなの欲望の対象になっていること(商品起源)も、申し合わせや勅令で貨幣として指定されたこと(法制起源)も、きっかけではあっても、貨幣の誕生を保証しない。


 あるいは柄谷行人も『世界史の構造』の中で、貨幣の誕生について現実的・歴史的には、「等価物になりやすい素材」というものが存在し、その中から一般的な等価物になるものが生まれ、さらにその中から貨幣になるものが現れる、という経過をたどることを確認する。「分割できる」「部分が一様である」「耐久的である」といった「一般的な等価物になりやすい」条件を満たすから金や銀が貨幣になっていく。
 しかしそこを強調して「金や銀には貨幣になる必然がある」と把握するのは間違いで、「貨幣が生ずるメカニズムにとって金や銀が適した性質を持っていた」と見ないといけない。


 同じような話で、「面倒見がいい(親分肌である)」「利権に近接している」といったドンの条件はあったとしても、それを備えていた「から」小西邦彦や森喜朗がドンになったのだ、と必然として見るのは、結果から過程を確定的に見るような転倒なのだろう。ドンという「位置」が、それ自体は外在的・実体的な根拠も必要とせずに存在してしまう、という形を見る必要がある。


 それから、貨幣は「商品を手に入れるための媒介」でしかないはずが、未来への不確実性(いつ何を買うか分からない)への備えとして、商品に対するのと同じように欲望の対象になる。この欲望をケインズは「流動性選好」と呼ぶ。
 ドンも、ドンそれ自体が目的ではなく、あくまでドンを媒介して得られる利益や結果が目的のはずである。しかし未来に生じ得る媒介の機会への備えを考えると、ドンそのものをキープしておきたいという欲望が生じる。そうして「余人をもって代えがたい」と擁護したり、内輪で排除せずキープしようとする。
 「ドンの媒介中心性を高く保つように(当人だけでなく)周囲も働く」と先述し、それは周囲にとってドン外しが中間マージンの省略による相対的な損得勘定に基づくものとして一旦は考えたが、むしろ「流動性選好」に似た欲望によるものとして見た方がいいのかもしれない。


(関係ないけど『貨幣論』は、流動性選好の存在によって恐慌やハイパーインフレ(不均衡累積過程の下方と上方の展開)が可能になるが、経済が破滅的に不安定にはならずほどほどに安定する(累積過程が全面的に展開されない)のは、「労働者の賃金が(労組なり国家の規制なりで)簡単に引き下げられない」という賃金の下方への粘着性があるから、という話をその後に展開していて面白い。)


貨幣論 (ちくま学芸文庫)

貨幣論 (ちくま学芸文庫)

世界史の構造 (岩波現代文庫)

世界史の構造 (岩波現代文庫)


価値観のアップデート

 森喜朗が、女性蔑視・強いジェンダーバイアスの価値観を内在させているのは、当人の発言からも明らかだとして、それを「老人だから」という理由へ全面的に帰着させることは誤っている。何歳だろうと「その言説は誰を犠牲にすることで成り立っているか」を疑いながら価値観の修正を重ねている人はそうしている。
 本来、公人は、自身の言動が外部から強いチェックを受けるという意味で、そうした価値観のアップデートの契機や圧力は大きいはずだ。しかしドンは、そういう意味での本来の公人ではない。内外に価値観や方針を提示して前進させるようなリーダーでもない。基本的にローカルなネットワークとネットワークの間を媒介することがドンの役目であり、公人であるという自覚は必要ない。
 むしろそうした公人としての意識は、「子分(認めた周囲)を徹底的に世話する」というドンのあり方に制約を加えるように働く。そのためドンであろうとすれば、公人としての意識は後退する。


 劇作家の鴻上尚史はコラムの中で、森元首相との個人的な体験から「偉ぶらない誠実な人だった」と回想しつつ、失言を繰り返す体質を「リップサービス」と指摘している。
  失言のオンパレード…森喜朗元首相という人【鴻上尚史】 | 日刊SPA!
 自分をよく見せようとせず、率先して見知らぬ他人のために雑務を厭わない美点と、その場にいる周囲の人を楽しませようと軽口を叩いてしまう欠点は、実のところ一体である、という指摘だった。


 その場にいる周囲の人間しか見えていない、自身の発言が広がる範囲を正確に見えていない、というのは「公人という意識が希薄である」ことの裏返しで、あくまでドンでしかないのだろうと思う。






というわけで、『同和と銀行』を手がかりに、「ドン」という存在について考えてみた。

  • ドンはネットワーク間を媒介するハブとして機能する。
  • ドンの媒介には中間コストがかかる欠点があるが、面倒をブラックボックス化できる利点がある。
  • ドンは「面倒見がいい(親分肌である)」という個人の資質が必要。
  • ドンは「利権に近接している」条件が(本人の意思であってもなくても)必要。
  • この資質や条件は、その人を必然的にドンにするわけではない。
  • ドンは「その人である必然性」はないが、一旦ドンとして機能し始めると「ドン化」が進行し、さらに固定化される。
  • このため外部から見ると、関係者がその人物に固執する意味がわからなくなる。

 別にドンという機能自体に良いも悪いもなく、大なり小なり(職場とかでも)ありふれて見られる構造なんだろうと思う。


 ちなみに「ドンが入ると中間マージンがかかる」という特性が、東京五輪の経費が立候補時3千億円から「少なくとも」5倍超の1.6兆円かかって史上最高額を更新する、という話にも寄与しているのでは、とちょっと思っている。森喜朗が中間マージンをかすめ取っているという意味ではなくて、ドンとしての媒介・調整機能をそのまま使うと「費用や効率を最適化する」方向には働かないのではないか、という意味。


 小西邦彦は1933年生まれ、森喜朗は1937年生まれで同世代。日本の高度経済成長は54~73年で、二人にとって20~30代にあたる。その後の安定成長期~バブル崩壊が73~91年で、40~50代にあたる。ドンの利権への近接とも関連するけれど、ちょうど日本の経済のパイが拡大している時期だったからこそ、ドンになり得ているのだろう。
 「ドン」が大なり小なりありふれているとしても、かなり大きなドンは、そうした経済的な背景がないと出てこないのかもしれない。逆にパイが小さくなり存在意義がなくなる(中間コストの大きさが問題になる)と廃棄される。
 小西は飛鳥会事件で2006年にドンとしての地位を喪失する。一方で森は01年に内閣総辞職した後も政治的な影響力を保持し続けた。これは、小西にとって主な利権は不動産業・土建業であり、経済成長が終了すれば一緒に失われる一方、森の政治的な利権はそうした部分に限定されないため、ドンとして温存されたのかもしれない。


 森喜朗も、「ドンである」という観点で見れば理解しやすいのではないか、という漠然としたアイデアを持ってみたのだった。それが実証的に妥当性があるのかを知るには、もう少しまとまった「森喜朗」という人物を総括するような本が、力のあるノンフィクション作家から出るといいなと思っている。

経験は「実体験の量」というより「考えた時間」

 先日、外科手術を終えた後、体を動かせないので病室のベッドで4時間ほど天井を眺めていた。こんなに時間が過ぎるのを遅く感じるのかと思った。それで何となく考えていたことのメモ。


 医者からは手術に伴うリスクのあれこれを事前に説明されていた。そうしたリスクの最良と最悪の振れ幅のあいだで言えば、手術の結果はかなり良かった。とてもうれしい。本当にお医者さんに感謝している。
 もし事前に「難しいこと」が伝えられていなければ、良い結果だったとしても当たり前だとしか思わなかったかもしれない。依頼を受けたプロが、素人に「どういう難しさがあるか」をある程度説明しておけば、うまくできた時には正しく感謝されるし、残念な結果になっても正しく受け入れてもらえる。
 たまにネットで、プログラマやデザイナーや絵描きがクライアントから理不尽な要求を受ける話を見かける。こうした場面でも必要なことかもしれない。(そもそも依頼する側が相手の困難を理解したり慮る気がなければどうしようもない、という前提はあるかもしれない。)


 入院の1週間ほど前に、妻も同伴してくれて、医師から手術の説明を受けた。この時には挙げられていなかったリスクが、入院した後で伝えられた。
(1)処置Aをやった結果、悪いことa、bが起き得ます。
(2)悪いことbが起きた場合は、追加で処置Bをします。
(3)処置Bの結果、悪いことcが起き得ます。
のような話だとして、(1)〜(2)は事前に説明があったが、(3)は入院後に新たに話が出てきた。
 コロナの影響で面会は制限されていたものの、手術当日は面会OKとのことで妻が来てくれて、その話をしていたら「早くに教えてくれればいいのに」と言っていて、患者側の立場からしたらその通りだと思った。
 それから、悪いことaとcは現象が似ていた。入院前の事前説明で、悪いことaの説明を受けた時に、妻が「他の箇所への似たような影響はないのか」と聞いてくれていて、その時の医師の回答は「ない」だった。「だからあの時聞いてたのに」と言っていて、確かに結果的には嘘になっているなと思った。


 一方で、逆の立場だと案外難しいのかもしれないとも思った。aとcは現象としては似ているけれど、階層が違う。(1)を考えた時点でaを思いつくことはできるが、cを思いつくにはさらに(1)→(2)→(3)と順を踏まないと思い至らない。
 あるいは妻が聞いてくれたように「他の箇所への似た影響」といった疑問をトリガーにして逆方向から思い至ることもできるかもしれない。
 患者側からすればリスクが(それもよりその後の人生への影響が大きいリスクが)、小出しの後出しで追加されると不安になる。最初にまとめて説明してほしい。でもそれを「できる」というのは、医者・専門家だからと言って当たり前にできるわけじゃないのかもしれない。


 担当は若い先生(20代後半くらい?)だった。40代半ばくらいの先生が補助しているという感じでついていた。(3)の話も、若い先生からの説明の後、中年の先生からの追加説明で出てきたものだった。
 リスクの洗い出しをどれだけ早く、幅広くできるのかは、かなり経験の総量に左右されるのかもしれない。
 なんだか自分の仕事と置き換えて、何事か(製品の品質問題とか)があった時に、どれだけ幅広く必要なアクションを洗い出せてるだろうか、といった話にも似ているなと思った。


 それで自分自身が20代半ばだった頃の、会社でのある打合せのことをふと思い出した。同席していた他の部署の先輩が「こういう点も考えなきゃいけない」と指摘をして、その場の流れが大きく変わったのを見た。別にその先輩にとっての担当や専門分野というわけでもなかった。全く同じ情報、考える材料は自分だって持っていたのに、むしろ自分はそこが関係する部署だったのに、思い至らなかった。ものすごく悔しい気持ちになって、じゃあどうやったらああ考えられるんだろうと考えた。
 ロジックを組む能力だろうか。「地頭がいい」みたいなことは確かに存在していて、若くても本当に「一を聞いて十を知る」みたいな人はいる。でも「あの人は頭がいいからしょうがないですね」で終わってもしょうがない。そういう頭の良さ、聡明さが無いなら無いなりにやれることをしないといけない。
 経験だろうか。確かに一度似たような体験をしていれば類推は働きやすいだろう。でもその先輩は、その場に同席していた人達の中でもまだ若かった。


 その時点ではっきり何かの結論に到達して、自分の意識や価値観が劇的に変わって優秀になりました、みたいなことはない。ただ悔しさと憬れがあって、あとはロジックの構築能力も、経験も、両方必要なんだろうと思っただけだった。
 何かがあった時に、自分の担当の外側がどうかを考えてみる、自分がその立場だったらどう判断するかを考えてみる、もっと楽にやれる方法がないか考えてみる、といった「考えてみる」トレーニングをその都度積み重ねていくしかない。経験とロジックの組み合わせを積み重ねるほかない。
 それで実際、5年、10年が経ってみると、あの先輩と同じレベルかは分からないけれど、昔の自分に比べればずっと幅広く、素早く考えられるようになっていた。それなりに裁量のある立場に置いてもらえるようにもなった。何かが起こっても、自分の手でしっかりつかめているような、そんな自由な感覚があってかなり快適になっている。ちゃんと続けていけば、もっと自由になれるんだろうか。
 別にマネジメントなどの判断に限ったことでもなく、専門的な知識・技能でも同じで、もう一段外側、もう一段深くを考えたり調べたりする習慣がどうしても必要になってくる。
 ちなみにその別の部署の先輩はその後若くして課長になって(ほーらやっぱりね)と思った。


 そう考えると、「リスクの洗い出しを素早く・幅広くできるかは経験に左右されるのかも」と思ったその「経験」は、単純に「どれだけ体験してきたか」「その仕事をどれだけ続けてきたか」だけで成り立つものじゃないんだと改めて思う。体験の量じゃなくて、そこに伴う思考の量や幅の積み重ねを指して「経験」と呼んでいる。
 実に当たり前のことだけど、漠然と「経験を積む」という言葉だと、何かその業界・仕事・部署に在籍している長さだけを考えがちだけど、本当はそうじゃない、それだけでは「経験」が成立しないんだと時々思い返しておかないと、危ないなと思った。


 先生が若くて、自分の会社の同じくらいの年齢の後輩が手術を担当している、みたいなことを思うと、なんか不思議な気持ちになって、そんなことを考えていた。もちろんその若い先生だって、そんなこと他人から言われなくたって(直接言いはしないけど)毎日考えながら頑張ってるのだろうし、余計なお世話に違いない。
 ただなんか、ちゃんと考えるのを繰り返していれば10年、20年経ってすごく自由になれるよな、頑張っておくれ、みんな頑張ろうぜ、自分も頑張る、みたいな気持ちになっただけ。


 あとは天井を見ながらハワイと台湾のことなどを考えていた。また行けるようになるといいよね。

小野マトペ氏の逮捕・裁判のこと

 小野マトペ氏の東京地裁での裁判について、傍聴した今井亮一氏が1/9と2/16の2回メルマガで報告したものを読んだ。
 放っておけば何の実害もなかった事柄を、直接的な利害関係者でもないたった一人の第三者が通報することで、逮捕され生活を破壊されなければならないのは、やっぱり何かアンバランスなんじゃないかと改めて怖くなった。



 メルマガの内容以前に、逮捕の報道に至るまでの経緯を再確認すると以下の通り。


 2020/3/17 20:15に「私はコロナだ」とツイートし、同日21:14に「濃厚接触の会」という言葉と飲食店のテーブルに乗ったビールの写真をツイートした。ビールのグラスには店名の入ったロゴが印刷されており、写真にはロゴが写り込んでいる。
  https://twitter.com/ono_matope/status/1239872988704464899
  https://twitter.com/ono_matope/status/1239887919768199168
 前後3日間のツイートを改めて読み返しても、普通に生活しながら色んなニュースや記事にコメントがされているばかりで、本人が新型コロナ感染者だと解釈することは難しい。
 なおその店は国内に10店舗ほど展開されているが、店舗ごとにロゴの色が異なるためグラスの写真から店を特定することはできる。しかしその店を最初から知っているか、わざわざ調べなければ特定することはできない。予備知識なしに見ると店のロゴではなくビールメーカーのロゴのようにも見える。


 7/30に逮捕の報道が流れる。「FNNプライムオンライン」の2020/7/30 19:28の記事は以下の通りだった。(現在は記事ページは削除されている。)

フリマアプリを運営する「メルカリ」社員の男(35)は、2020年3月、SNSに「わたしはコロナだ」と投稿したあと、東京・千代田区の飲食店に入り、店内の写真を添付したうえで、「濃厚接触の会」と再び投稿し、店の業務を妨害した疑いで逮捕された。

  https://www.fnn.jp/articles/-/68608


 7/29に逮捕されたが、検察による勾留請求・準抗告が棄却されたため、7/31に釈放された。
 逮捕による身柄拘束は最大72時間であり、逮捕後は被疑者の身柄と証拠が検察官に送致される。検察官が裁判官に勾留請求をして認められれば最大20日間の身柄拘束を受ける。準抗告は、裁判官が下した勾留/保釈の判断に対して、裁判所へ変更の申立てをすること。勾留請求が却下された場合に検察官が準抗告を申し立てた場合、その申立てが棄却されるまで被疑者は釈放されない。
 逮捕されても勾留されずに済むかどうか、不起訴になるかどうか(起訴されれば初公判まで2ヶ月程度さらに勾留が続く)は、被疑者にとって死活的に重要だが、似たようなケースでもまちまちになっている。

  • 熊本地震で「ライオンが放たれた」ツイートで偽計業務妨害で逮捕 →2日後に釈放(勾留なし)・不起訴処分
  • 宇都宮の家電店で「俺はコロナ」発言で威力業務妨害で逮捕 →3ヶ月後に執行猶予付きの有罪判決
  • 茨城のスーパーで「俺はコロナ」とくしゃみして威力業務妨害で逮捕 →勾留後に不起訴処分


 たとえ勾留請求が棄却され、かつ不起訴処分になった(前科はつかない)としても、逮捕される(前歴がつく)だけでも大きな不利益を被る。最大72時間の拘束を受けるだけでなく、報道(特に実名報道)されたり失職したり、あるいは例えば米国の場合はビザなしでの渡航ESTA申請のみの渡航)ができなくなる。在日米国大使館・領事館のウェブサイトでは以下のQ&Aが記載されている。

私は過去に逮捕されたことがあります。ビザなしで渡米できますか?
いいえ。逮捕歴がある場合は、ビザ無しで渡米することはできません。あなたの渡米資格を判断するためには、ビザの申請が必要です。ビザ申請の際には、判決謄本・裁判記録・またはあなたの犯罪歴に関しての関連書類を全て提出しなければなりません。日本語の書類には英訳文が必要です。もしお手元にそれらの書類をお持ちでない場合は、あなたが手続きを受けた裁判所を管轄する地区検察庁にご自身で連絡を取って入手してください。審査には数週間から数ヶ月間を要しますので、予めご承知の上、渡米予定日に充分余裕をもって申請してください。なお、パスポートがお手元に届くまでは航空券の購入や旅行の最終決定は控えてください。

  有罪判決を受けた人 | 在日米国大使館・領事館



 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の内容のうち、著者の解釈・感想を除いた概要としては以下の通りだった。

  • 飲み会へ向かう途中の電車の中で、群馬で「俺はコロナだ」と言って逮捕された人のニュースを見た。
  • このフレーズに「うなぎ文(ぼくはうなぎだ)」的な面白みを感じて「俺はコロナだ」と投稿した。
  • 当時メディアで「濃厚接触」について言われていて、10名ほど参加していた飲み会だったため時事ネタとしてツイートした。
  • 当該ツイートは翌日になってもリツイートはされていない。
  • 任意での取調べの開始はツイートから3ヶ月後の6月19日、逮捕は7月29日。
  • 逮捕される以前に、1ヶ月ほど在宅事件として警察に協力していた。
  • 逮捕理由について「故意を否認したため逮捕された」と被告人は聞いた。
  • 検事からは執拗な説得・脅しを受け、また被害店との示談のために、略式手続に応じた。
  • 略式命令に不服として被告人から裁判を請求した。
  • 三者から被害店にそのツイートに関してメールが送付された。通報したのはその1名のみだった。
  • そのことで被害店は普段より多くアルコール消毒をすることになった。
  • 検察の求刑は罰金30万円。


  第2501号 「私はコロナだ」「濃厚接触の会」とTweet、“匿名警察隊”が事件に仕立て上げた? - まぐまぐ!
  第2512号 「私はコロナだ」で偽計業務妨害、匿名警察と自白強要がつくった犯罪か - まぐまぐ!
※メルマガは毎月100円で購読でき、バックナンバーも1ヶ月分を100円で購入できる。


 なお「うなぎ文」とは、店での注文で「私はうなぎにする」の代わりに「私はうなぎだ」と答えても意味が通じるような、「~は~だ」という形式の文を言う。言語学者金田一春彦が1955年に出版された『世界言語概説 下』の中で「だ」がイコールを必ずしも意味しないと指摘したところからきているという。
  http://w01.i-next.ne.jp/~g140179870/unagibun.html


 群馬で「俺はコロナだ」と言って逮捕された人のニュースというのは、3/16夜に報道された「乗客「自分はコロナ」 JR両毛線、1時間遅れ―群馬」のことだと思われる。ちなみにこの男性は酒に酔った様子で、駆けつけた警察が電車から降ろしはしたが逮捕はされていない。
  乗客「自分はコロナ」 JR両毛線、1時間遅れ―群馬:時事ドットコム


 略式手続は、検察官による起訴とは異なり、非公開で罰金・科料を科す刑事手続のこと。略式手続により裁判所が下す命令が略式命令。略式命令を受けた被告人は不服があれば14日以内に正式裁判の請求をすることができる。今回はその正式裁判の請求をされたために刑事裁判に至っているという。略式命令を受けた場合は不起訴とは違い、刑罰を受けているためいわゆる前科がつくことになる。
 刑事裁判は、冒頭手続→証拠調べ手続→論告弁論→判決宣告というフローで進められる。自白事件であれば第1回公判期日で審理がすべて終了するケースが多いという。一方で否認事件の場合は第2回、3回と開かれる。今井氏のメルマガのひとつ目(1/9)はこのうち「冒頭手続」に該当し、「証拠の整理」の傍聴はスキップし、ふたつ目(2/16)が「論告弁論」に該当する。この後、約10日後に判決があり、判決翌日から2週間で控訴されなければ判決が確定となる。


 「業務妨害罪」には、被害者に分かる形でなされる「威力業務妨害罪」と、分からない形でなされる「偽計業務妨害罪」に分かれる。今回のケースは偽計業務妨害の罪に問われている。刑法233条は「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」であり、構成要件は以下の通り。

  • 虚偽の風説の流布:客観的真実と異なる事実を伝えること。「流布」は不特定多数でなく特定・少人数でも伝えれば要件に該当する。
  • 偽計:人を欺き、誘惑すること。人の錯誤・不知を利用すること。
  • 業務の妨害:「業務」は人や会社のなす仕事のこと。

  業務妨害罪とは?偽計業務妨害罪と威力業務妨害罪の違いや罰則について | 姫路の弁護士による逮捕相談 | 弁護士法人ALG&Associates 姫路法律事務所


 他の偽計業務妨害罪が成立したいくつかのケースと比較しても、今回のケースは「店が特定できるような写真が投稿されている」「(文脈から明らかに冗談だと分かったとしても)嘘が書かれている」「その嘘が他者にダメージを与え得るものになっている」といった事実があるため、外形的には恐らく成り立つのだろうと思われる。(ただ、「偽計」は本当に成り立つのだろうか、という気はする。)当時、似たような冗談、あるいはもっとひどい(より実害を与え得る)冗談をネット上に書いた人も大勢いるだろうが、「スピード違反をみんながしているのに自分だけが捕まるのはおかしい」が許されないのと同じことで、それは免罪符にはならない。
 店のロゴが写ってさえいなければ、何となくでもそんな冗談を書かなければ、と思うけれど、そんなことは当人がもう数え切れないくらい考えているはずだ。


 今井氏はメルマガの中で、「本件を傍聴して痛切に思ったのは、業務妨害の犯人は完全にその第三者、匿名警察でしょ! ということだ。」という感想を述べている。通報者が純粋な親切心を動機としていたのか、あるいは「ハメようとして」通報したのかは、現時点では不分明だ。ただこのケースでは、そのツイートは拡散もされず、見た人が本気で「感染を分かっていてわざと店に行っている」とも「嘘を拡散させて騒動にしようとしている/店に迷惑をかけようとしている」ともその時点では考えられていなかったとは言えるだろう。
 ベランダの縁に置かれた植木鉢を、赤の他人がわざと落として下の通行人にぶつけて、「こういう置き方をするのが悪い」と言う。置いた人は悪い、置かない方がいいに決まっているとしても、わざと落として人にぶつけた人は許されるのだろうか、という疑問が残る。また「そう置いたのは下の人にぶつけようと思ったからだろう」と置いた人が責められれば「そうじゃない」と言う(故意を否認する)のは自然だとも思う。
 実害が発生し得る状態が作られて、現にまだ実害が発生していないのなら、「風や地震で落ちて人に当たったら危ないからやめるべきだ」と忠告してやめさせて「今後は注意します」で終わるくらいが妥当なのではないか。(警察・検察との具体的なやり取り等は分からない、当人の正確な認識は必ずしも分明でない、という留保はあるとしても。)


 逮捕の報道がされた時に、ネット上でも当人の勤務先と結びつけて揶揄したり、愚かだと一方的に見下したりするコメントをいくつも見かけた。見ていると他人ながらつらい気持ちになった。
 (1)実害を受けた人、(2)実害が起こり得る状態を作った人、(3)実害を引き起こした人、の3者がいたとして、(1)は間違いなく被害者だとして、(3)は正義の人で、(2)は「3ヶ月後に事情を聞かれて対応していたらその1ヶ月後に逮捕・報道される」というのだと、(2)と(3)のバランスが変じゃないかという気がした。現に実害がわずかでも発生している以上、(2)が(1)へ民事で賠償程度がちょうど良くて、この(2)へのダメージは「オーバーキル」じゃないか、「やったこと」と「報い」のバランスの傾きが大き過ぎるんじゃないかと感じた。こういったことを書くと「甘い」と言われそうだけれど、「お互いがお互いに厳しすぎる社会」は幸福なんだろうかとも思った。
 「馬鹿なことする人もいるんだなあ、ハハハ」というより、自分の身に置き換えて想像するとすごく怖い、という感覚の方が、この話については強かった。ネットでわずかでも隙を作れば、たった一人が通報するだけで逮捕されて身柄を拘束されたり、報道されて職を失ったりする。
 もはや刑事裁判は進められており、一審判決が近いうちに出されることになるとしても、ダメージは最小であってほしいと心底願っている。